砂と道具のお砂場セット

子供の熱中症

気温が上って暑くなってくると熱中症に気をつけましょうと注意勧告がだされますが、自分の体調の異変に気がつき対応できる年代であれば、まずはセルフケアができます。

 

しかし、まだ自分の体のことがわかっていない乳幼児から低学年の児童、また機能の衰えから体温管理などがしにくくなっているお年寄りは、周囲が十分気をつけてあげることが必要です。

 

乳幼児は、まだ汗腺などの体温調整のための機能が未発達なため、熱中症にかかりやすいのです。実際、熱中症で救急搬送される年代では、体温調整が未発達な乳幼児と、体温調整機能の衰えた高齢者の割合が非常に高くなっています。

熱中症の症状

熱中症の症状の詳細は ”熱中症に気をつけよう” などで調べていただくとして、大まかな症状は、発熱・嘔吐・頭痛・けいれん・めまい・動悸・汗をかかない、などがあり、これは年齢に関係なく同じような症状を起こします。

 

大人でしたら、こうした症状を訴えることができますが、小さなお子さんの場合は、言葉がしゃべれなかったり、しゃべれても旨く説明できないということもあります。

 

周りの大人が気をつけていて、そのような症状が見えたら涼しいところへ移動させ、体温を下げるための応急処置をすると共に医療機関へ連絡をとるようにしましょう。

 

 

 

 

熱中症の対策・予防策

熱中症にならない、ならせない為にも、予防や対策をしておくことが大切です。各項目に気をつけて対策するように心がけましょう。

・水分をこまめに取らせる
特に乳幼児は、新陳代謝も活発で汗や尿も沢山分泌します。定期的な水分補給を心がけましょう。

・熱をこもらせない
自分で衣服を脱ぐことの出来ない年代では放熱、体温調整ができません。熱のこもらない素材や薄目の衣服を着用させましょう。

・日差しを避ける
特に気温の高い時間帯の外出は控え、外出時には帽子を着用させるなど、紫外線対策と共に太陽からの熱を直接受けないようにさせましょう。

・地面の熱反射に注意する
歩いたり、ベビーカーに乗ったりする乳幼児は、熱せられた地表に近いところに体、頭があることになります。特にアスファルトの上などは地面に近いところの温度は非常に高くなっていますから注意が必要です。

・暑い場所に置き去りにしない
毎年起こる事故に乳幼児を車内に残したまま別の場所に移動して起きる乳幼児の熱中症があります。重篤な場合は死亡事故にもつながります。自分では移動できない乳幼児を「寝ているから」「ちょっとだけ」などと絶対に置き去りにしないようにしましょう。

・室温、湿度に気をつける
戸外と比べて室内は安全と言うことはありません。風通し、室温、温度に気をつけ、室外にいるとき同じような過ごし方をさせましょう。

・夢中になりすぎない
子供は遊びに夢中になると、体調が悪くても興奮したまま過ごしてしまい、あとで重篤な症状がでたりします。周りの大人が気をつけ、水分補給、休憩などを取らせましょう。

その他、注意する点は多々あると思います。過保護にする必要はありませんが、周りの大人が注意できることはきちんとしていきましょう。

 

先輩ママ・パパ達の知恵

お子さんを持っているママやパパたちが子供の暑さ対策にどんなことをしてるか聞いたものがありましたよ。参考にご紹介しておきます。

・水分をこまめに取らせる
・帽子をかぶらせる
・空気の通過させる素材の服を着せる
・日焼け止めを塗り、できるだけ日陰を歩く
・ペビーカーにサンシェイドや幌をつける
・ベビーカーに扇風機や冷却シートを付ける
・お昼の日差しの強い暑い時間に外出しない
・日傘を使ってガードする
・車の場合は窓ガラスにサンシェードをつける
・チャイルドシートに冷却シートを付ける
などなど。

そして、一つの方法だけでなく何種類もの方法を使っているということが分かりました。参考にして子供達が快適に過ごせるようにしてあげましょう。

ここでは具体的に代表的なものを紹介しておきましょう。

【ベビーマグ】

外出先でもこまめな水分補給は必要です。おうちで使うストローマグなどを持ち出すのも良いですが、持ち運び中に漏れたり、温度が変わったりすることもありますね。外出用の小ぶりなものを別に用意されている方も多いです

icon
 ぷちストローボトル(ピジョン) icon

 

コンパクトサイズで、ハンドルがたため、かさ張らず、荷物の多いママにもうれしいデザインです。
ストローフードが付いて、中身がもれにくく設計されています。
色はピンク、ブルー、イエローの三色
●対象月齢/9ヵ月頃から
●耐熱温度/120℃
●適正容量/約150ml
●主材/ボトル・ハンドル・ハンドル固定ピン・ストローフード・キャップ:ポリプロピレン
    パッキン・ストロー飲み口・ストローチューブ・通気パーツ:シリコーンゴム
●食器洗浄機使用可
●ハンドル:折りたたみ式
●日本製

 

icon
ベビーストローマグ(ディズニー) icon

保冷専用で、ステンレスの魔法びん構造が冷たさをキープ
小さな子供でも持ちやすい両手ハンドル
ワンタッチオープン
すべりにくく取り外せる底カバー
シリコン製の飲み口は、スペアストローセット付きで交換可、丸洗い可
ブルーを基調にした「ミッキーマウス」、女の子らしい「ミニーマウス」の2タイプ
●幅約12、奥行約7.5、高さ約15cm
●容量/約250ml
●中国製

そのほかのストローマグを  楽天で見る

              アマゾンで見る

               Yahooでみる 

 

【帽子】

帽子をかぶる癖は小さい時からつけておかないと、かぶることを嫌がるお子さんも多いです。
戸外で頭に直射日光が当たると頭に熱がこもりますからできるだけかぶる癖をつけてあげたいアイテムです。
生地はUVカットの素材のものでつばの大きいものが良いですね。
熱中層対策としては首の後ろにクールパットの付いたものが効果は良いですね。
少しデザイン的には可愛くないとおっしゃるかもしれませんが、クールパッドを水に濡らして絞れば首筋が涼しく熱中症予防対策は秀でています。保育園や幼稚園では推奨されているところも多いですね。
そんな中で可愛いものを見つけました。

icon
ミキハウス リボン風日よけカバー付き帽子
icon

紫外線遮蔽率90%以上、全サイズゴムのあご紐もついて安心です。
リボンのボタンを外しておろすと日よけカバーになっていて、使わない時は、リボンの形に収納出来ます。

 

こちらは少し大きいお子さん用

icon
ミキハウス 日よけカバー付き☆サファリハット
icon

・日よけカバーは、丸めて頭囲の内側のポケットに収納可能
・帽子本体の一部がメッシュになっていているので、ムレを防ぎます
・ツバのまわりにはワイヤーが入っているので日差しに合わせて、ツバの角度変更可
・裂け止めのため生地の縦横に碁盤の目のように丈夫な繊維を織込み格子状
・汚れもつきにくく、軽量でソフトな着用感
・頭囲はゴムの調節機能付き

 

帽子はいろいろなものが沢山でています。UVカット機能、通気性、日差しよけなど機能面を抑えて、お子さんに似合うものを選んであげてください。サイズは少し大きめなものを選ばれることをオススメします。

その他の子供用UVカット帽子を  楽天で見る 

                アマゾンで見る 

                Yahooで見る  

 

【UVカット服】 → こちら

 

【日焼け止め】 こちら

 

【ベビーカーグッズ】こちら

 

【おうちの対策グッズ】こちら
 



 

 

 

オススメリンク




 


 

 

© 2017 子供の熱中症対策 rss